トップページ > 未分類 > 「経理代行」と「記帳代行」と違いとは?

「経理代行」と「記帳代行」と違いとは?

記帳代行とは?

「記帳代行」は証票を基に会計ソフトに入力するサービスです。レシート、領収書、請求書、通帳データ等を顧客企業から預かり、取引記録を会計ソフトへの入力を代行します。

さらに、会計ソフトに入力した結果から、試算表、元帳、現金出納帳などの会計帳簿を作成します。

 日々発生する取引件数が多いと仕訳数も増えるため、入力作業にかかる時間も長くなります。また、簿記に関する知識も必要です。

 

経理代行とは?

経理代行サービスには、まずは、上記の「記帳代行サービス」の内容が含まれます。

 

さらに、経理代行サービスでは、細かな精査作業までお願いすることができます。例えば、売掛金や買掛金の管理などを代行してもらうことができます。

 

他にも、銀行振り込みなど支払業務、給与計算、請求書の発行や書類のファイリング、経理関係の資料作成など、幅広い経理業務の代行を依頼できます。

 

まとめ

ひと言でいうと、記帳代行サービスは経理代行サービスの一部です。経理代行サービスは、その名の通り経理業務全般を代行してくれるものなので、記帳代行サービスが扱う入力業務などもサービス内容に含まれます。

 

実際の利用の仕方

記帳代行か経理代行を選ぶためには、自社の業務フローを明確にした上で、どの業務を依頼すれば効率的かを検討しましょう。

 

例えば、日々発生する入力作業に追われてメイン業務に支障が出ているのであれば、記帳代行サービスを利用することで改善できます。また、月次で発生する請求書の発行や支払い、給与計算などが負担になっているのであれば、経理代行サービスがおすすめです。

経理業務をすべて洗い出して、自社の目的に合わせて代行を依頼する範囲を決めるとよいでしょう。

一方で、経理代行サービスは記帳代行サービスの業務内容を含んだ幅広いパッケージのため、記帳代行のみを依頼するよりは費用がかかります。

サービス内容によって料金が異なるため一概には言えませんが、記帳代行、請求書発行、給与計算などを含んだ平均的なサービスで、月々4~5万円が相場と言われています。

また、税理士法人が提供している経理代行サービスを利用すれば、確定申告やコンサルティングまで依頼できますが、月々の費用は約15~25万円になります。

 

記帳代行・経理代行ともに、パッケージに含まれていない業務を依頼するときにはオプション料金がかかることもあるので、事前に料金体系をよく把握したうえで利用し、また、利用中も常にサービス内容を見直すようにしましょう。

 

ページの先頭へ
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。